他職種連携と多職種連携の違いを知ろう!

 

医療・介護職であれば一度は、「たしょくしゅ」連携という言葉を耳にしたことがあると思います。

この言葉には「他職種」と「多職種」の2種類があり、書き方によって意味合いが少し違います

しかし臨床では、この言葉を意図的に使えている人はどのくらいいるのでしょうか?

今回は、他職種連携と多職種連携の違いについて、理学療法士が解説します。

 

他職種連携と多職種連携のそれぞれの意味

 

僕自身、他職種と多職種の言葉は知っていましたが、意味の違いは分かっていませんでした。

今回このコラムを書くにあたり、調べていく中で違いを理解することが出来ました。

他職種連携と多職種連携の意味は以下のようになっています。

他職種連携

 

他職種とは、「他」の職種という意味です。

例えば理学療法士から見た他職種は、医師、看護師、薬剤師などを指します。

つまり他職種連携とは「他の職種と連携をとる」という意味になります。

 

多職種連携

 

多職種とは、「多く」の職種という意味です。

3職種でも4職種でも、複数の職種が集まると多職種と表します。

つまり多職種連携とは、「複数の職種と連携をとる」という意味になります。

 

以上を踏まえて、会話や文章の例をあげてみます。

「医師と他職種連携についての問題を~」

他職種連携の前には職種名などが入ることで、「医師と他職種との連携」という意味になります。

「〇〇病棟では多職種連携に力を入れて〜」

病棟にいる「複数の職種と連携」という意味になります。

 

他職種連携と多職種連携の違い

 

他職種連携と多職種連携は、連携の取り方に違いがあります。

 

※多くの職種と連携すると、「多(他)職種連携」「他職種及び多職種連携」と表現されることもあります。

 

他職種連携は、患者さんへの関わり方を各職種が個別に話し合い、治療方針を決めていくイメージです。

一方、多職種連携は、患者さんを中心として、各職種がまとめて話し合い、治療方針を決めていくイメージです。

 

僕が働いている回復期病棟で例えると、患者さんの今後の方向性を多職種カンファレンスで話し合うときは、多職種連携をとっています。

しかしリハビリの治療方針について話し合うときなどは、OTやSTと個別で行うことが多く、他職種連携になっています。

リハビリも多職種連携を密に取ることで患者さんによりよい医療を提供していかなければいけないと感じます。

 

まとめ

 

他職種と多職種の違いについて、混同していた方も多かったのではないでしょうか。

患者さん中心の医療を展開している近年では、ほとんどの場合多職種連携の意味合いで使っていることが多いと思います。

ぜひ、職場で多職種連携の意味を理解して使ってください!

 

執筆者
大平拓巳(理学療法士)

病院に所属しない働き方を模索中。 ただ今webライター・放課後デイサービスでアルバイトをしています。リハビリと睡眠を勉強。