理学療法士あるある5選〜もしかしたらないない編〜

理学療法士の喜多です。

皆さんは理学療法士にどのようなイメージをお持ちでしょうか?筋肉? 歩行? スクラブ? 体育会系? いろんなものがあると思います。

今回は、私が勝手に思う理学療法士あるあるを紹介します。あなたの周りの理学療法士は…該当する? ! …ないない! ? 

①歩行分析しがち

理学療法士は基本動作(立ったり歩いたり)に対して介入することが多いです。なかでも、歩行について考える機会は多い。好きな人も多い。ということで、街なかで通行人の歩行を分析しがちです。「骨盤が右に…」「脊柱が…」とかね。僕も資格を取って一年目くらいにはよくやっていました。二年目にはもうやめていたので、あるあるではないのかも。

②身体機能想像しがち

歩行分析とセットになるところですが、身体機能も想像しがちです。「股関節の筋肉が弱いなぁ」「足首が固いんじゃないかなぁ」などと考えています。大体合ってます…多分。僕は歩行分析が二年目にやめたので、これも二年目にやめていました。ちょっと大丈夫かな…僕。

③筋トレしがち

運動好きな人多いです、筋トレ好きな人多いです。リハビリ室で昼休みに筋トレしている人が多いです。って思うのですが、SNSで会う人はそうでもないので、あるあるではない可能性が高いですね。理学療法士イメージあるあるですかね。僕は運動苦手です。

④昼休み昼寝しがち

リハビリ室にはベッドが置いていますので、昼休みはそこで寝がちです。なんなら職場について朝礼がはじまる前…寝不足でどうしようもないときには業務後も…いや、それはないか。でも、昼休みは寝がちだと思う。僕の昼休みは大体ツイッターです。

⑤近所の人と仲良くなりがち

これは全くのないないなのですが、こんなのもあるあるでいいかな…というものです。僕は出来るだけ家に居たいタイプなので、休みの日は家の周囲をうろうろしていることが多いです。そして、すれ違った人には爽やかに挨拶をするように心がけているので、仲良くなりがちです。ただ、人付き合いが苦手なので、それ以上はなにもありません。

おわりに

いかがだったでしょうか? 

あるあるっぽいことを書いてみたかったのに、あんまりあるあるにはなりませんでした…涙。

もし、あなたが理学療法士さんと会話するときには「昼休みって寝るんでしょー? ! 」とか「私の歩行分析しないでね! ! 」などと一言添えてみてください。

「ちがうわ! 」「してないわ! 」などから、会話が盛り上がる可能性があります。フフフ…

執筆者
喜多一馬(理学療法士/代表)

病院勤務する理学療法士。